給食の完食指導。虐待になるのでは?子供の気持ちも考えてほしい!

給食の完食指導

相次ぐ給食の完食指導が、話題になっていますね。

皆さんは、完食指導の経験は、あるでしょうか?

 

担任の先生によって、ある人なかった人、いると思います。

 

完食指導は、虐待になるのでは?と、問題視されることもあり、

中には、いきすぎた指導をしている先生も、いるそうです!

 

そこで今回は、給食の完食指導について、お届けしていきたいと、思います。

 

スポンサーリンク

給食の完食指導。虐待になるのでは?

いま話題となっている、完食指導。

給食を残さず食べさせるため、担任の先生が、行うものです。

 

過去にも、問題になった事はありましたが、

最近また話題になっているのです。

 

話題のきっかけになったのは、とあるニュース

あるニュースにて、女性への取材内容が、話題となったのです。

 

取材を受けた、21歳の女子大学生。

 

小学2年生の時に、いきすぎた完食指導を受け、それが原因で人と一緒に、

ご飯を食べる事が怖くなってしまい、

現在でも、カウンセリングを受けているそうです。

 

こちらの女性、小学生の時には、お腹がいっぱいで残した給食を、

担任教師に、無理やり口に押し込まれ、その場で吐いてしまったのだそう。

 

そういった完食指導のせいで、給食に対する、

恐怖みたいなものを植え付けられた、と語っていたそうです。

 

行き過ぎた指導は虐待に・・・

給食を残さず食べさせるための、完食指導。

 

たしかに、食べ物を残さず食べる事は、大切な事だと思います。

食べ物を粗末にする事は、良くないですから。

 

好き嫌いせず、色々食べれた方が、バランスよく栄養も取れますし、

得な事も多いです。

 

しかし、そうだとしても、無理やり食べさせるような、行き過ぎた完食指導は、

普通に虐待に値すると、思うんですよね。

 

給食を残すのは、様々な理由があると思います。

 

  • 他の子よりも少食で、食べきれない子
  • 本当に嫌い・苦手で食べれない子
  • アレルギーの子
  • 具合が悪く、食欲がない子

このような事情がある場合、無理やり食べさせるのは、可哀想ですよね。

 

子供も、人によって食べれる量がありますので、それを超える量なんて、

どう考えても、食べれません。

 

本当に嫌いだったり、苦手だったりする物は、体が受け付けませんし、

頑張っても食べれません。食べれるなら、最初から食べてます。

 

アレルギーは、本人には、どうしようも無い問題です。

生まれつきなものですからね。

 

具合が悪かったり、食欲が無い時だって、みんなあると思います。

それでも無理をして食べたら、悪化する危険だってあります。

 

給食を残す子は、それぞれ理由があるはずなんですよね。

それを無視した、無理な完食指導は、もはや虐待としかいえませんよね。

完食指導の危険性

無理な完食指導は、子供に様々な悪影響を与える、危険性があります。

特に、子供時代は、強く記憶に残りますからね。

 

実際にネットでも、無理な完食指導のせいで、トラウマを抱え、

大人になっても、辛い思いをしていると言う意見も、多く見られます。

 

完食指導が原因で、特定の食べ物が食べれなくなったという人、

体調不良や、不登校になってしまった子、

無理やり食べたせいで、吐いてしまう子、

給食の時間が怖く、嫌いになってしまった子。

 

書き出したら、きりがありません。

 

これだけでも、その悪影響がわかるのですが、

それだけでなく、時には、命にかかわる事態になってしまう場合もあります。

 

これはとある学校で、実際にあった事件らしいのですが、

蕎麦アレルギーの子供に、無理やり蕎麦を食べさせた教師がいたらしいです。

 

この子は、その結果、亡くなってしまったらしいです。

最低な事件ですよね。

 

アレルギーの中でも、蕎麦は危険性が高いです。

なのにもかかわらず、蕎麦を無理やり食べさせる。

 

普通に殺人ですよこれ。

 

アレルギーというのは、本人にはどうしようもないものです。

それでも、給食を残してはいけないという、完食指導。

 

行き過ぎた完食指導は、もはや狂ってると言われても、仕方がないレベルです。

 

完食指導は、ある程度なら問題ないと思います。

食わず嫌いをしている、なんて場合もありますからね。

 

ですが、絶対残すな!というのはやりすぎです。

給食は残しても、そこまで問題は無いと思いますね。

 

子供達だって、色々と事情があるのです。

残すくらいは大目に見てあげても、いいんじゃないでしょうか。

 

完食指導のせいで、給食の時間が苦痛になってしまっては、

本当に、可哀想です。

 

給食なんて、基本的には、学生時代にしか、味わえない時間なのですから、

もっと楽しく、いい思い出になってほしいと思いますね。

 

スポンサーリンク

給食の完食指導。子供の気持ちも考えてほしい!

完食指導をする教師は、もっと子供の気持ちも、考えてほしいですよね。

 

子供の気持ちを無視したような、無理やりな完食指導。

本当に酷い事だと、思います。

 

無理な完食指導は、拷問に近い

食べるのが遅いからと言って、

給食の時間が終わっても、食べ切れるまで食べさせる。

 

食べれないのに、無理に食べさせる。

 

こんなの、拷問に近いですよね。

 

しかも、子供は強く反発できません。

する子もいますが。

 

学校では、先生の言う事を、聞かないといけない。

そう思っている子供が、ほとんどだと思います。

 

そんな中では、給食の時間も、担任教師に完食指導されれば、

従うしかありません。

 

食べれない給食を、無理して食べる。

中には泣きながら食べる子、吐き出してしまう子もいます。

 

傍から見れば、いじめですよね。

 

僕も保育園の頃、同じような経験があり、

そのせいで、今でも食べれない物があります。

 

給食の時間は、楽しい時間であるべき

子供にとって、給食は楽しい時間になるはずです。

友達と、楽しくおしゃべりしながら、食事をする。

 

大人になってから考えても、かけがえのない時間でしたし、

本当に楽しみな時間でした。

 

給食の時間は、子供達にとって、そんな時間であるべきなんですよね。

 

それなのに、無理な完食指導のせいで、地獄のような時間に変わってしまう。

中には、給食の時間がトラウマとなり、不登校になる子もいます。

 

そんなの、あまりに可哀想ですよね。

本当に酷い話です。

 

子供を不幸にしてしまうような、完食指導なんて、いらないと思いますね。

 

完食指導が無くなるように

子供への無理な完食指導が、無くなるように、

学校側も色々と対策をするべきだと、思いますね。

 

例えば、一人ひとりの食べれる量だけ、配膳する。

これをするだけでも、救われる子がいると思いますね。

 

基本的に、学校の給食ってみんな同じ量ですよね?

 

もちろん、配膳係の子に頼んで、減らしてもらう子供もいますが、

それでも、完全に自分の良い量には、出来ないと思います、

引用:https://news.yahoo.co.jp/byline/usuimafumi/20181119-00104692/

子供も、それぞれ食べる量があります。

少食の子もいれば、大食いの子もいるでしょう。

 

そんな子供達のために、一人一人の量を調節する

少食の子なら、少なめの量にしてあげる、という感じですね。

 

人数がかなり多い学校もあるので、大変な作業かもしれません。

 

しかし、その手間をかけて、子供が救われるのなら、

やる価値は十分あると思いますね。

 

他にも、本当に食べれない物なら、残しても良い、

という決まりもいいかもしれません。

 

たしかに、好き嫌いが多すぎたり、ちょっと嫌いと言う物でも、

平気で残すというのは、良くないことかもしれません。

 

好き嫌いは少ない方が、得ですしね。

 

しかし、本当に嫌いな物は、どんなに頑張っても食べれません。

嫌いじゃない人には、わからないかもしれませんが、

食べれない物は食べれないのです。

 

よく、「なんで食べれないの?」と、聞いてくる人っていますよね。

でも、嫌いな事に、理由なんて無いのです。

 

嫌いな物は嫌いなんですから

 

なので、それを無理してでも、食べさせる必要なんてないんですよね。

その一品のみで、給食全てが構成されてるなんて事は、無いはずですし。

 

完食指導なんてものは、禁止してもいいと思いますね。

子供にとっては、本当に辛いものです

 

かりにするとしても、

「食べれない物・量でも、無理してでも食べろ!」

というスタンスではなく、

 

食べれるものを、食べれる量に調整した上で、

「少しずつ食べれるように、なっていこうね」

というスタンスで、やるべきだと思いますね。

 

学校の給食というかけがえのない時間

 

子供にとって、その時間が楽しい時間となるように、

学校側も意識していってほしいですね。

 

給食の完食指導。まとめ

今回は、『給食の完食指導。虐待になるのでは?子供の気持ちも考えてほしい!』を、お届けしました。

 

給食の完食指導。

食べれない子供に無理やり、給食を食べさせる事が問題だと、話題になっていました。

 

実際に、無理な完食指導のせいで、トラウマになってしまったり、

不登校や体調不良になってしまう。

 

虐待や拷問になるのでは?という意見もあるみたいですね。

 

大人になっても、そのせいで、辛い思いを抱えている。

 

そんな人が多くいるようでした。

 

子供の気持ちも、もっとよく考えて、

教師達には、子供達が給食の時間を、楽しく過ごせるような環境を、

作っていってほしいですよね!

 

それでは、ここまでお読みいただき、ありがとうございました!!


スポンサーリンク


関連記事

小学館編集者

小学館編集者の発言が失礼すぎる!同人誌の事をバカにしてる!?

小学館の編集者が、自身のツイッターに、同人誌に関する、ある投稿をした事が、話題になっています。

記事を読む

共感障害

共感障害とは?それが原因でなるカサンドラ症候群をわかりやすく解説

共感障害、そしてカサンドラ症候群というのを、聞いたことがあるでしょうか?   発達

記事を読む

寝屋川中1男女殺害事件の犯人の死刑が確定!控訴を取り下げ?

  大阪府寝屋川市の中1男女殺害事件。 記憶に残っている人も、多いのではないで

記事を読む

きゃりー事務所 保育園開園

きゃりー事務所が保育園開園!「未来のピース保育園」詳細はこちら!

  きゃりーぱみゅぱみゅさんが所属している、事務所「アソビシステム」が 協業に

記事を読む

自己防衛おじさん CM

自己防衛おじさん CMが話題に!動画がこちら!ネットの反応は?

  自己防衛おじさんのCMが話題になっています。   今回は、こち

記事を読む

京都市 再考要求

京都市 再考要求!抗議殺到のkimono問題とは!?文化の盗用!?

京都市が外国のセレブ、キム・カーダシアンさんに ブランド名の再考要求をした事が、話題となっ

記事を読む

浦幌町の道東道で多重衝突!事故の原因は強風による砂嵐!?

5月20日午後1時頃、浦幌町貴老路の道東自動車動で、 12台が絡む衝突事故が、ありました。

記事を読む

名古屋高速バスが女性をはねる

名古屋高速バスが女性をはねる!原因は歩行者?これは運転手が可哀想

GWでの、止まらない事故報道、本当に見てて悲しくなりますね。 そんな中、名古屋市でまたも、事故

記事を読む

大津市事故

大津市事故。右折車「前を見ていなかった」。もっと運転に集中して

保育園児が2人亡くなってしまうという、悲惨な事故となった、大津市での交通事故。 一日た

記事を読む

おもて無しグルメ

おもて無しグルメが話題に!サービスよりも料理の質を重視!?

  サービスの部分を簡略化し、その分料理の質を向上させた、 「おもて無しグルメ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • プロフィール

    このサイトを運営しているニャコニャルです。
    このサイトでは会話に役立つコツや情報、またネタになる最新話題などをお届けします。

    日々の会話に少しでもお役立てください!
PAGE TOP ↑