大津市事故。右折車「前を見ていなかった」。もっと運転に集中して

大津市事故

保育園児が2人亡くなってしまうという、悲惨な事故となった、大津市での交通事故。

一日たった今でも、いまだ話題になっています。

 

事故の原因や、記者会見が話題になっていましたが、本日、

新たに、運転手の証言などが、話題になっています。

 

今回は、その証言の詳細や、

個人的意見などを、書いていきたいと、思います。

 

スポンサーリンク

大津市事故。右折車「前を見ていなかった」

5月8日に起きた、大津市での交通事故。

 

事故の概要

保育園に通う、2歳の園児が2人犠牲になり、

他の園児・職員13人が重軽傷を負うという、凄惨な事故となってしまいました。

 

この事故が起きた原因は、見通しの良い交差点で、車同士が衝突。

 

ぶつかった勢いで、はじかれた車が、

信号待ちをしていた園児たちに、突っ込むというものでした。

 

事故の詳細や、原因・記者会見についての話題は、こちらにまとめてありますので、

よろしければ、こちらもお読みください!

大津市事故で2歳園児犠牲に!事故の原因は?記者会見が酷すぎる!

運転手の証言は?

右折車と直進車の衝突事故だった、今回の事故。

 

直進車に右折車が突っ込む形だったらしく、

直進車には、過失が無いということで、運転手は釈放されています。

 

事故から一日たった今日、両方の運転手から、証言があったようなのですが、

その内容が、少し酷いものでした。

 

直進車の証言

直進車の運転手は、

相手が止まってくれなかった」と、語っていたそうです。

 

今回は、右折車が横から突っ込んでいるので、右折車が悪いのですが、

この運転の仕方も、あまりよくはありませんよね。

 

止まってくれなかった、ということは、

相手が止まってくれる、と思って運転しているという事。

 

この考えで運転していくのは、かなり危険です。

現在の車社会では、特に危ないです。

 

というのも、交通ルールを守らない人がかなり多く、

かなりの人が、自分勝手な運転をしているのです。

 

つまり、本体なら止まるべき場所でも、

止まらずに、ゴリ押ししていく人が、多いということです。

 

自分が安全運転をしていても、相手が原因で、

事故が起きてしまうことは、よくある話です。

 

教習所でも教わりますし、世間でもよく言われている、「かもしれない運転」。

その考えでの運転が、本当に大事だという事ですね。

 

運転をする時は、基本的に、周りの車を信用してはいけません。

 

止まってくれる、出てこない、譲ってくれる。

こんなふうな考えだと、恐らくですけど、確実に事故ります

 

止まらず出てくるかも、譲ってはくれない。

周りの車を全て疑い運転する

 

それくらいの考えで運転するくらいが、ちょうどいいと思いますね。

それなら、きっと慎重に運転するはずですから。

 

今回の事故も、相手が止まらない、と考え運転していれば、

この悲惨な結果は、回避できたかもしれません。

 

まぁ、「たられば」の話をしても、意味はないんですけどね。

 

右折車の証言

続いて、右折車の証言。

前を見ていなかった」と、語っていたそうです。

 

こちらは、運転している人間としては、論外ですね。

事故の理由としても、最低だと思います。

 

右折車が原因といっても、あまり責めるような事は、

ここでは、書くべきではないかもしれません。

 

もしかしたら、右折するから、右に集中していたかもしれない、

近くに園児がいたから、そっちを見ていたのかもしれない。

 

本人にも、何かそういったような、理由があったかもしれません。

 

しかし、個人的な意見として、少し厳し目に書いていきます。

 

車を運転する時は、周り全てに気を配るべきです。

右折するときでも、前方はもちろん、後方・左方にも、気をつけたほうが良いです。

 

どこから、何が飛び出してくるか、わかりませんからね。

 

そして、前を見ていなかったということは、前方不注意ですよね。

車を運転する上では、ありえないです。

 

最近では、ながらスマホやらで、そういった車も、増えてはいますけど・・・。

 

今回は、右折車が全面的に悪いという、流れになっていますが、

そう言われても、仕方がないですよね。

 

もちろん、右折車の人も、直進車の人も、

事故を起こしたくて、運転しているはずは無いと思います。

 

直進車は、自分が直進だから、そのまま走っていたのだと思いますし、

右折車も、不注意ではありますが、曲がれると思って、曲がったわけですから。

 

双方のタイミングが、最悪だったという事。

 

今回は、不運に不運が重なった結果、大惨事となってしまったという事ですね。

 

どちらにしても、子供が犠牲になる事故は、

本当に胸が痛みますし、悲しくなります。

 

報道を見る度に、泣いてしまいそうになります。

幼い子供が犠牲になる事故なんて、起きてほしくないものです。

 

スポンサーリンク

 

大津市事故。もっと運転に集中してほしい

無くならない事故、不注意等が原因の事故も多いです。

運転手には、もっと運転に集中してほしいですよね。

 

ということで、ここからは、ネットの意見や、個人的な意見を、

書いていきたいと思います。

 

無理な右折

大津市での事故は、右折車と直進車の衝突が原因でした。

 

そして、直進車の右側に、右折車が衝突している、

ということで、右折車が突っ込んだと思われますね。

このようになる原因としては、無理な右折が、主な原因だと思います。

直進車がきているのに、無理なタイミングで曲がろうとする。

 

こういった車って、かなり多いんですよね。

 

さらには、前の車が曲がったから、続いて曲がろうとする。

これもよくありますが、そのままついていくのは、危険ですよね。

 

先に曲がった車が、ギリギリのタイミングだった場合、

それについていったら、事故りますよね。

 

大津市での事故でも、似たようなケースだったようです。

 

事故が起きた交差点は、右折車がよく列になるような、

場所だったらしいのです。

 

実際、事故が起きたときも、右折待ちの車が、多くいたみたいですね。

そのため、「焦った曲がったのでは?」、という情報も出ているようです。

 

しかし、焦っていたとしても、前方を見ずに曲がるのは、ありえないです。

普通に危険運転ですよね。

 

車の運転は、焦っても何もいい事ないです。

 

曲がるタイミングが難しければ、直進車がいなくなるまで、

おとなしく、待てばいいだけの事ですよね。

 

後ろの車が、プレッシャーをかけてくることも、あるかもしれません。

でも、そんなの無視すればいいですからね。

 

永遠に曲がれない、なんて事はありませんから、

もっと余裕を持って運転するべきですよね。

 

そして、他にも多いのが、左折する車に続いて、右折する車。

これも結構よく見ますね。

 

もしかしたら、僕の地域だけかもしれませんが・・・。

 

実際に、それで事故が起こりかけた事もあります。

あれも、何を考えているのか、全くわかりませんね。

 

なぜ左折する車に続いて、右折できるのか・・・。

理解できません。

 

直進車の対処

大津市の事故では、直進車の運転手は、右折車を避けようと、

とっさに左にハンドルを切った、と語っていたようです。

 

その結果、信号待ちをしていた、園児たちに突っ込んだみたいですね。

 

それについて、ネットで批判的な意見もありましたが、

これは、仕方ない事だと思いますね。

 

右から突進されたら、避けようと左に動くのは、当たり前だと思います。

今回は、左側が運悪く、園児たちがいる場所だった、ということ。

 

左に切らなければ、園児たちは無事だったかもしれない。

 

しっかりブレーキを踏んでいれば、

園児たちに突っ込まなかったかもしれない。

 

たしかに、それは言える事かもしれません。

でも、結果論でしかないんですよね。

 

なので、直進車を批判することは、少し可哀想な事だと思いますね。

 

といっても、右折車と衝突したということは、

恐らく事前に、右折車が怪しい動きを、していたと思うんですよね。

 

なので、直前にそれを察知し、

スピードを緩めるなりで、警戒して運転をしてほしかったですね。

 

たしかに、交差点は直進が優先です。

 

しかし、それを守らず、突っ込んでくる車も、数え切れないくらいいます。

その結果の事故なわけですし。

 

運転に集中し、少しでも危険察知ができるよう、運転してほしいものです。

 

大津市事故。運転に集中してほしい。まとめ

今回は、『大津市事故。右折車「前を見ていなかった」。もっと運転に集中して』を、お届けしました。

 

大津市で起きた、園児を巻き込む、悲しい事故。

 

最近の事故の中でも、特に悲惨な被害が出た事故と、

言えるのではないでしょうか。

 

事故を起こした運転手の証言も、出てきましたが、

その証言も、「前を見ていなかった」という、酷いものでしたね。

 

運転する方は、車の危険性や責任などをしっかり考え、

もっと運転に集中して、安全運転をしてほしいです。

 

もう二度と、このような悲惨な事故が起こらないよう、気をつけてほしいものです。

 

亡くなった園児2人の、ご冥福をお祈りします。

 

それでは、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク


関連記事

娘 性的虐待 父親

そんな理由で無罪でいいの!?娘に性的虐待した父親の裁判に物申す!

当時19歳だった、実の娘に、父親が性的虐待をしたという事件。 その父親の裁判で、無罪判決が言い

記事を読む

自己防衛おじさん CM

自己防衛おじさん CMが話題に!動画がこちら!ネットの反応は?

  自己防衛おじさんのCMが話題になっています。   今回は、こち

記事を読む

自動車希望ナンバー 358

自動車希望ナンバー 358が人気の理由!エンジェルナンバーとは?

    自動車希望ナンバー 358が人気となっている事が、 話題に

記事を読む

遊園地 逆年齢制限

遊園地 逆年齢制限の詳細がこちら!知らないと損をする羽目に!?

  遊園地の逆年齢制限が、話題になっています。   今回は、こちら

記事を読む

郵便局員 自主退職

郵便局員 自主退職の真相がこちら!不正販売の隠蔽!?ネットの反応

  郵便局員の自主退職が相次ぎ、 話題となっています。   今回

記事を読む

サンドウィッチマン 病院ラジオ

サンドウィッチマン 病院ラジオの詳細がこちら!ネットの反応は?

  サンドウィッチマンの病院ラジオが、 話題になっています。  

記事を読む

劇団四季 アナと雪の女王

劇団四季 アナと雪の女王上演の詳細がこちら!動画あり!上演日は?

  劇団四季が、ミュージカル「アナと雪の女王」を公演する事が、 話題になってい

記事を読む

内戦下イエメン 動物園

内戦下イエメン 動物園の動物達が危機に!?ネットの反応は?

  内戦下イエメンの、動物園。 そこにいる動物達が危機的状況になっている事が、

記事を読む

名古屋高速あおり運転

名古屋高速あおり運転!逮捕されないのが不思議。罪にならないの?

GWも中盤、各地で車が増えており、渋滞やトラブルが絶えません。 そんな中、4月30日、名古屋高

記事を読む

NHK看板アナ 異例

NHK看板アナ 異例の入れ替え!その理由とは!?

  NHK看板アナ同士が、異例の入れ替えになる事がわかり、 話題となっています

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • プロフィール

    このサイトを運営しているニャコニャルです。
    このサイトでは会話に役立つコツや情報、またネタになる最新話題などをお届けします。

    日々の会話に少しでもお役立てください!
PAGE TOP ↑