こんな車に詰めたらあおり運転?遅すぎる車は道を譲ったほうが良い?

 あおり運転

GWで車も増えている中、事故や運転手同士のトラブルも、絶えません。

そんな中でも、トラブルの大きな原因となる、あおり運転。

 

一言にあおり運転と言っても、どのレベルからあおり運転になるのか、気になりますよね。

 

さらに、あおるつもりが無くても、前の車が変な運転をした場合など、

つい詰めたくなる場面、そのつもりが無くても、詰めてしまう場面、色々あると思います。

 

そこで今回は、どんな運転があおり運転になるのか、そして遅すぎる車は道を譲ったほうがいいのか?

この辺りを、調べていきたいと、思います。

 

スポンサーリンク

こんな車に詰めたらあおり運転?

あおり運転は、最近でも問題にされており、過去には逮捕者も出ている行為ですよね。

 

しかし、一言にあおり運転といっても、どんな運転があおりになるのか、どのレベルからあおり運転になるのか、

気になりませんか?

 

あおり運転と聞いて、最初に思い浮かぶのは、やはり後ろからピッタリ詰める事でしょうか。

 

実際、あおり運転というのは、車間距離保持義務違反、というのが、主な基準となっています。

検挙された数も、この違反の数が、主な基になったみたいですね。

 

他にも、無理な幅寄せ、蛇行運転、何度もクラクションを鳴らす、連続パッシング、

こういった行為も、あおり運転になりますよね。

 

相手に恐怖を与えるような、危険な運転・行為をすると、あおり運転になるということですね。

 

しかし、そこまでいかないような行為、

少し車間を詰める、詰めるつもりが無いのに、詰まってしまった、といった行為はあおり運転になるのでしょうか?

 

例えば、急な割り込みをされた時には、嫌でも車間距離が詰まってしまいますよね。

すぐに距離を取れば、問題なさそうですが、この場合でもあおり運転になるんでしょうか?

 

これに関しては、明確な答えがなかったのですが、車間距離の基準だけでは、あおり運転になってしまいます。

 

他にも、遅すぎる速度で走る車、高速で追い越し車線を貼りし続ける車など、

つい車間を詰めてしまいたくなる運転をする人も、結構見ますよね。

 

しかも、こういう運転手って、速度だけでなく変な運転もするんですよね。

なにも無いところで、急にブレーキを踏む、ウィンカーを出さずに曲がる。

 

こんな車を見ると、あおりたくなる気持ちも、わかります。

 

道を走る車は、自分だけではないですし、「流れ」というのも、ありますよね。

必ず流れに乗れ、とまではいいませんが、あまりに自分勝手な運転も、考えものです。

 

そういった場合に、つい車間距離を詰めてしまった、と言う時に、

「あおり運転だ!」と、一方的に責められ、逮捕された場合等、納得できませんよね?

 

「あおり運転は、あおられた方にも、何か原因がある」と、誰かも言っていました。

これ結構当てはまると思うんですよね。

 

前で変な運転を繰り返されたら、誰でもイライラしてくると思います。

なので、あおり運転といっても、そうなる前の状況等、しっかり見てから判断してほしいですね。

 

もちろん、イライラしたからと言って、あまりに露骨なあおり運転をするのは、駄目だと思いますけどね。

何事も、行き過ぎはよくありませんから。

 

スポンサーリンク

遅すぎる車は道を譲ったほうが良い?

先程も書いた、車の流れ。

この流れを激しく乱すような、遅すぎる車は、道を譲ったほうがいいのでしょうか?

 

結論から言えば、

遅く走る場合には、譲ったほうが良いですね。

トラブルを避けることにもなりますし。

 

さらに、道路交通法には、このような場合に発生する義務も存在します。

それが、「追い付かれた車両の義務」、というもの。

 

これは読んで字の如く、後続車に追い付かれた時に、発生する義務です。

違反した場合は、罰則があるのですが、これで捕まる人は少ないので、

あまり知られてはいないかもしれませんね。

 

この義務の内容ですが、走行中に追い付かれた場合、

 

後ろの車が追い越しをしようとする時に、速度を上げ妨害するような行為をしてはいけない、

反対に、遅すぎる速度で走る行為もしてはいけない

 

というものです。

 

これを見る限り、遅すぎる速度で走っている場合なら、道を譲ったほうが良い、という事になりますね。

 

しかし、実際には、そういった車って、絶対に譲らない人が多い気がしませんか?

広い道路で、ノロノロと走り、譲れる場所があっても譲らず走り続ける。

 

このような運転を、見ることがたまにあります。

 

遅いといっても、制限速度と同じなら、全然問題は無いと思います。

安全運転になりますしね。

 

しかし、これが20~30キロといった、制限速度よりも全然遅い場合は、話が変わります。

ここまで遅いと、逆に安全運転とは、言い辛い気がします。

たしかに、その速度なら、何かあってもすぐ対処できそうでは、ありますけど・・・。

 

そんな速度でマイペースに走られたら、後ろの車はイライラしてしまいます。

間違いなく、渋滞になりますし。

 

遅く走るのは、その運転手の自由なので構いませんが、

車が追い付いた場合は、すみやかに道を譲って欲しいですよね。

 

周りの車を巻き込み、流れを乱してまで、遅く走る。

これは安全運転ではなく、自分勝手なわがまま運転です。

 

しかも、こういう車って、速度以外にも、おかしな運転する人が多い気がしませんか?

変なところでブレーキを踏む、ウィンカーを出さずに曲がる、いきなり止まるくらいの速度まで減速する・・・。

 

こんな運転をされたら、後ろの車はたまったもんじゃないですよね!

完全に追突事故を誘っているようなものです。

 

そして、道を譲ることは絶対にしない。

 

それでいて、少しでも車間距離を詰められたら、「煽られた!」と、騒ぎ立てる。

ちょっと理不尽だと思いますね。

 

こういった面からも、

あおり運転は、あおられた側にも問題がある、というのはわかる話ですよね。

 

たしかに、遅く走る人にも、色々な理由があると思います。

 

もしかしたら、速度を出すのが怖いかもしれない、何か大事な物を運んでいるかもしれない

そんな時は、遅く走るものわかります。

 

それと逆に、速く走る人にも、色々な理由がありますよね。

トイレを我慢してるかもしれない、友人の自殺を止めにいく最中かもしれない

 

それぞれ、様々な理由で、運転していると思います。

そんな中で、あまりにわがままで、自分勝手な運転をする人がいれば、自然と事故だって起きてしまいます。

 

道にはかなりの数の車がいますよね。

車を運転しているのは、自分だけではありません。

 

周りの車に道を譲る事も大切です。

そして、イライラしたからと、周りの車に迷惑をかけるような運転も、するべきではありません。

 

相手にも何か理由がある、という考えを持って、余裕の心を持って、運転してきたいですよね。

 

あおり運転・罰則については、こちらの記事がおすすめです!

名古屋高速あおり運転!逮捕されないのが不思議。罪にならないの?

 

こんな車に詰めたらあおり運転?遅すぎる車は道を譲ったほうが良い?まとめ

今回は、『こんな車に詰めたらあおり運転?遅すぎる車は道を譲ったほうが良い?』を、お届けしました。

 

一言にあおり運転といっても、様々ですよね。

 

遅すぎる車、変な運転をする車もいます。

こんな車に詰めたら、あおり運転になるかは、明確な答えはありませんでした。

 

しかし、車間距離を詰めて走っていたら、あおり運転となる可能性は高いですね。

 

そして、遅すぎる車についてですが、

あまりに遅い運転では、流れを乱してしまいますし、他の車にイライラさせてしまう可能性も高いので、

道を譲るべきだと、思いますね。

 

現代社会では、道を走る車がかなり多いです。

周りの車の都合なども考え、自分勝手な運転になってしまわないよう、余裕をもって運転していきたいですよね。

 

それでは、ここまでお読みいただき、ありがとうございました!!


スポンサーリンク


関連記事

シンギュラリティとは?

シンギュラリティとは?近い未来、訪れる可能性のある危機!?

シンギュラリティ(技術的特異点)というのを、聞いた事はあるでしょうか? 技術が発展し、人工知能

記事を読む

共感障害

共感障害とは?それが原因でなるカサンドラ症候群をわかりやすく解説

共感障害、そしてカサンドラ症候群というのを、聞いたことがあるでしょうか?   発達

記事を読む

保護猫の受け入れ方!こんな事に注意したほうが良い!?準備などは?

保護猫、という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 飼育放棄・捨てられた猫、迷子の猫、事故等で衰

記事を読む

アンダークラス解説

アンダークラスとは何かわかりやすく解説!格差広がる日本社会の闇

アンダークラス、という言葉をご存知でしょうか? 新たな下層階級と言われている、アンダークラス。

記事を読む

クオリアと哲学的ゾンビ

クオリアとは何?哲学的ゾンビってなに?その詳細と考察

皆さんは、『クオリア』という言葉を聞いた事があるでしょうか? そして、この言葉と一緒に出てくる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • プロフィール

    このサイトを運営しているニャコニャルです。
    このサイトでは会話に役立つコツや情報、またネタになる最新話題などをお届けします。

    日々の会話に少しでもお役立てください!
PAGE TOP ↑